ベビーカー 三輪 四輪 違い

ベビーカーの三輪と四輪の違い!使いやすいのはどっち?決め手は?

ベビーカーを選ぶ際には、三輪と四輪で悩む事もあると思います。

 

これらの違いについても気になる所だと思います。

 

 

ベビーカーの三輪と四輪の違いは、ざっくりと説明すると、三輪のベビーカーの方が小回りがきき、安定しています。

 

 

また、スタイリッシュでデザインも良く、高級感もあるというのが三輪ベビーカーの特徴です。

 

ブレーキがついていたり、クッション性が優れていたりと、機能面でも素晴らしい三輪ベビーカーですが、海外製のものは日本の住宅環境に適さず使いづらいという意見も多いです。

 

 

機能は凄いですから、価格も高く、重量も重く、こうした理由から三輪を諦めたという方も多い様です。

 

 

 

四輪のベビーカーは一般的なものになりますが、三輪のベビーカーに比べると小回りはききませんが、最近のベビーカーにはオートフォーキャスなどの機能がついていますから、動かしにくいと感じる事も少なくなってきている様です。

 

 

海外製に比べると、日本のベビーカーは小さくコンパクトで、軽量設計というのが大きな特徴となっています。

 

 

 

気になるのは、三輪と四輪どちらのベビーカーが優れているのかという事になりますが、これは使う場所によると思います。

 

 

上記で説明した通り、それぞれに一長一短という特徴がありますから、どちらが良いのか甲乙つけることは出来ません。

 

 

 

こうしたことはありますが、わかりやすい意見を取り上げると、例えば都内に住むのであれば、三輪ベビーカーを選ぶ余地は無いということです。

 

都内に住むと、電車やバスに乗ったり、ショッピングしたり、マンション住まいだったりという生活環境になると思いますが、そういうシーンでは重量が重く場所を取るベビーカーはとても使いにくいと思います。

 

 

また、車に載せる際にも、大きいと車によっては入らないことがありますから、たたんだ時のサイズは見ておいた方が良いと思います。

 

そして重いですから、そうした使い方をする人はかなり少ないです。

 

実際に、バギーやb型を別で買って使うという方も多いです。

 

 

 

三輪ベビーカーは、ヨーロッパの石畳でも引っかからないように、大きなエアタイアで段差も楽々乗り越えられる様に作られていますが、日本ではそうした段差を頻繁に乗り越えるということはありませんから、そこまで上手なエアタイアもいらないのかなというのが一般的な意見になります。

 

 

ですが、片手で押せたり安定性が凄く良いという点は大きなメリットですから、そういう点を最重要視したいなら三輪も考慮して良いと思います。

 

 

三輪のベビーカーを使っている方は、道路が広い地域に住んでいたり、デザインに拘って選んでいたり、走行性・安定性重視で選ぶという方が多いです。

 

こうした点を重視される方には最高のベビーカーとも言えると思いますので、環境に適しているのであれば、三輪も考えてみると良いと思います。

【⇒楽天ネットベビー売れ筋ランキング!】