エアバギー ベビーカー 違い

エアバギーとベビーカーの違い!使いやすいのはどっち?どこを見て選ぶ?

ベビーカーの購入を考えている方の中には、エアバギーとベビーカーの違いが気になっている方もいると思います。

 

エアバギーとベビーカーは、どちらも赤ちゃんを乗せて移動するアイテムということに違いはありません。

 

 

何が大きく違っているのかというと、エアバギーは車輪が3輪でエアタイヤで大きくて重くて、作りがシッカリしているという特徴があります。

 

海外製品で、スタイリッシュでデザインも良く高級感がありますので、CM等で見て、育児をするなら絶対にこれだ!ということで憧れてエアバギーを選ぶ方も多いです。

 

 

 

 

 

これに対してベビーカーはというと、車輪は小さく4輪で、軽量でコンパクトで片手で折り畳めてハイシートで、A型とB型のタイプがあるなどといった特徴があります。

 

国内メーカーだと、コンビやアップリカなどが有名ですが、国内製品だけあって、やはり日本の住宅環境に適した作りになっていて、年々改良されていますから、最新のベビーカーはとても使いやすく人気商品となっています。

 

 

 

エアバギーとベビーカーの違いはおおよそこんな感じですが、どちらを選ぶのかは、完全にその人の好みの問題となりますので、気に入る方を選べば良いと思います。

 

 

 

デザインや操作性重視でエアバギーを選ぶという方もいれば、標準的な使いやすさを求めてコンビ・アップリカ製品を選ぶという方も多いです。

 

また、やはり汎用性が高いのは普通のベビーカーということで、悩んだ末に三輪バギーではなく四輪ベビーカーを選ぶという方も多いです。

 

 

 

汎用性について説明すると、例えば、エアバギーは三輪ですから四輪よりか小回りがききますが、その分エアタイヤで重量が重いですから、持ち上げて運ぶなんていう使い方はあまり向きません。

 

また、畳んで車に積むなんていう使い方にも向きません。

 

 

電車やバスなどの公共機関を利用するのにも向きませんし、ショッピングにもあまり向いているとは言えません。

 

エアバギーは、田舎住まいで一軒家で、保管スペースがあり、ガタガタ道をそこそこの距離移動する必要があるという場合には活躍してくれると思います。

 

 

逆に、都会で狭い道を通る場合や、マンションで持ち上げて移動するという風に使う場合には四輪の方が断然楽ですから、そうやって使うシーンを想像して合うと思う方を選ぶ様にすると良いと思います。

 

 

 

ベビーカーを選ぶ際には、やはり多くの方が、軽さ・コンパクトさ・畳みやすさなどを重視して選んでいます。

 

これは、実際に使う時のことを想像してみるとわかると思います。

 

 

重くて持ち上げることが出来なければ、段差があれば、先に進むことが出来ませんし、大きければ電車などに乗っても周囲に迷惑がられてしまいかねません。

 

ヘタをすると改札を通れないという事態にも直面するかもしれません。

 

 

片手で畳めず、たたみにくければ、赤ちゃんを抱っこして荷物を持って、時間をかけて畳まなければいけませんから、その間に電車は数本は逃してしまうことになってしまいます。

 

 

 

このように不便な思いをしてしまうと、便利じゃないということで使わなくなってしまう恐れもありますし、行動が制限されてしまう場合もありますので、そうならない様なベビーカーを選ぶ様にしましょう。

 

 

ベビーカーにはそれぞれメリット・デメリットがありますので、必ず、メリットを活かせて、デメリットが致命的な問題にならない様なものを選ぶ様にしましょう。

 

 

どんなシーンにおいても困りにくいベビーカーは国内大手メーカーのコンビやアップリカで、実際に多くの人が選ぶ人気のベビーカーとなっていますので、良く分からないなら一度検討してみることをおすすめします。

【⇒楽天ネットベビー売れ筋ランキング!】