ベビーカー 折りたたみ 小さい

ベビーカーの折りたたみがスムーズに出来て小さいものは使いやすい?デメリットは?

ベビーカーを探している人は、自分の生活に合った使いやすいベビーカーはどんなものなのかを考えていると思います。

 

例えば、多くの方が求める条件として、折りたたみがスムーズに出来て小さいものという条件があります。

 

 

小さくてたたみやすいことがどうして重要視されるのかというと、ベビーカーを持ち運んだりする際には、赤ちゃんを抱っこ・おんぶしたり、荷物を持ったまま、片手でベビーカーを折りたたんだりするシーンが良くあるからです。

 

 

片手でスムーズに折りたためるということは、育児中の方にとっては、あると嬉しい機能ですから、こうしたタイプのベビーカーは最近では需要が高くなっています。

 

 

 

そして、ベビーカーに小ささを求める方も多いです。

 

これはどうしてなのかというと、たたんだ時にコンパクトになれば、車の中や家に置いておく時にもかさばらず邪魔になりませんし、持ち運ぶ際にも小さい方が運びやすいですし、軽い方が子供が乗らない場合でも楽々運べるからです。

 

 

こうした理由がありますので、良くたたむし、収納場所も決まっているという方は、折りたたみやすく小さいベビーカーを選ぶようにすれば良いと思います。

 

 

 

 

また、小さいベビーカーにもデメリットはあります。

 

どういった点がデメリットなのかというと、例えば、良く言われているのが、ベビーカー本体の重量が軽いですから、赤ちゃんを乗せていない時に荷物などをかけるとひっくり返ってしまいます。

 

 

コンパクトで小さいベビーカーは、車輪が小さいですから、段差のある凸凹道や側溝の上を走ったりするのは得意ではありません。

 

小さいベビーカーはハンドルの位置が低いですから、背の高い方や男性が押す場合は若干の押しにくさがある場合もあります。

 

 

このようなデメリットもあります。

 

 

 

また、デメリットと聞くと一見悪いことの様にも感じてしまうかもしれませんが、そういうわけでもありません。

 

 

やはり、軽くてコンパクトなベビーカーというと、全体に軽量設計がなされていますから、車体は小さくなりますし、タイヤも最小限のものになります。

 

収納に便利で、持ち運びがしやすいベビーカーということになると、どうしても相反する機能がデメリットの様にも見えてしまいますが、これは仕方がないことです。

 

 

 

そして、このことを知れば、自分に合っているベビーカーはどんなものなのかもより想像がしやすくなると思います。

 

 

タイヤが大きいシッカリしたものは、段差もスムーズに走行出来ますが、大きく重くなります。

 

全体的な重量や大きさを気にしないのなら、ハンドル部分も高いものが選べますし、荷物をかけてもひっくり返らないものも選べます。

 

 

どちらの機能を求めるのかは、利用者の考え方次第ですから、使いやすいと感じる方を選ぶようにしましょう。

 

 

 

また、優先事項は人によって違っていると思いますが、車のスペースが限られている場合などは、サイズは決定しているわけですから、そのサイズに収まるものを選ぶようにすると良いと思います。

 

幾らベビーカー単体で使いやすくても、車に積めないということでは物凄く不便になってしまいますから、そういう合わないものを選ばないように注意しておきましょう。

 

 

デザイン重視などで選ぶとこうした問題が起こりやすいです。

 

 

多少不便なのは何とかなりますが、出来ないことが多いベビーカーは、買い替えの必要があるなどの問題になってしまい兼ねませんので、そうならない生活に適したベビーカーを選ぶようにしましょう。

【⇒楽天ネットベビー売れ筋ランキング!】